施術者視点のオステオパシー

以前に使っていたブログに書いた記事ですが、だいぶ前でしかも埋もれている割に今見ても良い事も書かれてあったので、少し加筆して転載します。2012年に書かれたものです。

僕はオステオパシーと呼ばれ伝えてもらった技術を施させていただいています。
その施術を通して皮膚や筋肉、血管や内蔵が和らぎ、自身の機能をとりもどす。ということがおきます。実際機能がとりもどされる過程を感じることができ、Aさんはこのような過程でよくなるだろう、Bさんはこのような過程が必要となるだろう、ということも感覚的にわかる場合もあります。わからない場合もあります。

なぜそれが起こるのか?そう聞かれると、わからない部分もたくさんあります。

ただ、ひとつの基本として、体の組織に詰まっていたものが流れ、こんがらがっていたものがほぐれ、それぞれの機能が回復すると、それをきっかけに自然に自分を治し出す。
よけいな力を加えたり加工したりするリサイクルじゃなくて、再生です。なにか加えたりなんだりするのではなく、それそのものの力を呼び戻して、再活用する。
そのことをお助けしているのだな、ということはわかります。感覚で。

メキシコのシャーマンと関わりのあった、カルロスカスタネダという人物が書いてた文章がわかりやすいかもしれません。
「それは砂漠で鍵付きの水筒を持ちながら、その鍵をなくして水が飲めず、乾き死んでしまう人のようだ」のような感じの文章であったとおもいます。

わかるなあと思いました。とてもシンプルです。自分でもっている力を使ってない。

こんな単純なことなのに、周りの人たちを見ると、自分で治すエネルギーを忘れるか、押しころしているみたいで、悲しい気持ちになります。

なんで、悲しいことなのか。これはちゃんと理解してほしいので詳しく書いていきます。

けれども、たとえば塩ってどんな味?と聞かれても、文章で分かってもらうのはお互いにとってとても大変なので、実際なめて感じていただくような伝え方のほうがはやいかと思います。

というわけで実践、よろしければつきあってみてください。
できれば静かな集中できるとこでしたほうがよいかも。

では、うめぼしを想像してください、レモンでもいいですよ。その質感、色、大きさよく見て感じて、ほおばったりかじりついたりしてみてください。イメージのなかで。
口のなかすっぱくなりませんか?つばがでてくるかもしれません。

できたらOKです、集中できています。では想像してみてください、今思い出せるなかで悪い思い出、その時のこと、その時の自分のなかに入るか、なりきってみてください。目は閉じても開いてもやりやすいほうで。気分が悪くなった人は無理せずここは飛ばし読みしてください。

できれば目の前の景色までリアルに思い出してみてください。
その時のからだの感じはどうですか?
うつむいているかもしれない、部分的に、全体的に重く感じるかも、呼吸が浅く早くなるかもしれない。

はい。では三回くらい深呼吸していただいて。意識を今にもどしましょう。

こんどは今思い出せるなかで、最高に嬉しかったこと、喜んだ思い出を思い出してみて・・・。
どんな情景が広がるでしょう。
体はどんな感じがしますか?

胸が熱くなるかも、ふるふるふるえだすかも、体が浮き上がるように感じるかもしれない、背筋が伸びるかもしれない、体が大きくなったような、広がったような感覚になるかも。

はい。また深呼吸して、今に帰ってきましょう。

どうですか?
嫌な出来事と、苦しい体の感覚
嬉しい、喜んでいる出来事と、心地よい体の感覚

一緒になっている。体と心がリンクしているのをふかいところで思い出していただけたと思います。

そこをふまえてもらって、顔が怒ってたり、能面状態で固まってたり、体がカチンコチンになってたり、曲がってたり、へんな感じになってたりしてる人を銭湯や、スーパーなどでみてると、あ〜・・・となるわけです。

なんでこんなにものが溢れかえってて、食べ物もたくさんあるのに。
なんでみんな曲がったり固まっちゃったりするほどずーっと長いこと苦しかったのか。
月日のなかでの浮き沈みも、自覚不自覚あるだろうけども。体は多くを僕に語ってきます。
体は社会の縮図だと、僕は勝手に思っているところがあるので、なんだか悲しい気持ちになったりすることがあります。

そんな声をきいての僕の理解と希望をお伝えさせていただくとしたら

たくさんのひとが自然から離れてっちゃって、おかしくなっている。

そして希望は

生きる喜びをしっている人や動物は美しい、みんなそうなってほしい。思い出して欲しい。
ということです。

遺伝などの特殊な病気や、なかにはむつかしいものもあるでしょう、けど予防できることもたくさんあります。
内蔵や筋肉の機能も、奇跡的な回復をみせてくれることはたくさんあります。

薬などで症状を抑えたり、調整したりすることももちろん大切で必要なことかもしれません。
それをふまえたうえで、ほんとうに人の幸せや健康を考えるのならば、自らの力を蘇らせ根本から改善することを助けるこういった手技療法などの実際の利点を国や自治体、医療機関が、しっかりと検証して、もっとたくさんの人たちが享受できるものであれば、とも思いますが。

もしそういうほんとのところがどんどん明らかになって、皆自分の力で自然に、健康になれることを思い出したら、きっと保険料なんてとても安く済むし、税金だってもっとかからなくなるし、病院だって接骨院だってどんどん必要なくなり、たくさんの人がより創造的な仕事を楽しめる様になるかもしれない。それが理想かも。

けど、それはしばらく無理そう、なので今、自分の居場所や役割がもしあるのなら、喜んでいただけること、役立つことを行なって、対価をいただくという真当な、シンプルなところから、自分とその周りから自然に健康に帰っていけたら、それが仕事としてなりたつのなら、こんなにありがたいことはなかなかないかもしれません。

なんかそっちのほうがよさそうだなって思っていただけたら嬉しいです。

いままで携わってきて、オステオパシーをおすすめするところは、実際にお体の様々な組織の質感と、つながりを感じながら施術していきますので、お体の改善具合や変化を察知しやすいというところかもしれません。それは共にどうしたらよい状態をとりもどしていけるかお話するときに役立ちます。具体的なところはまた違うところでふれたいと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

8年前に書かれたものでしたが、今も気持ちはそこまで変化していません。ただ時代柄、新たなウィルスが流行ったのをきっかけに、本質的な幸せや、健康に対して多くの人の目が開かれてきたのでは、きていたら嬉しいなと思って、HPを新たに作るにあたり、転載しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です